名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち - 海老原嗣生

人事の成り立ち 冊の著者との往復書簡で読み解く 海老原嗣生

Add: loraxy50 - Date: 2020-12-07 09:14:53 - Views: 6589 - Clicks: 2902

本書を読むと、 われわれが当たり前に許容・共有している人事の成り立ちをとても簡易な言葉によって解説してくれます。 たとえば、 あなたも一度は耳にしたことがあると思います。 欧米はジョブ型ですが、日本はそうではない。 もう少し、詳しく言うと、 欧米は「職務主義」であり、日本は「能力主義」である、と。 1. 著者 : 海老原嗣生 荻野進介. だから日本はだめなんだで、終わらないために、 2.

人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く/海老原嗣生/荻野進介. 一読してそのままおいていました。書き込みオレございません。かなりきれいだと思います2 「名著17冊の著者との往復書簡で読み解く人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤」 海老原嗣生、荻野進介 海老原嗣生 荻野進介 エンタメ/ホビー 本 ビジネス/経済 book 価格の. 『名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち』 著者 海老原嗣生 著/荻野進介 著 出版社 白桃書房 isbn発売日 /10/31 価格 2,546円(税込). 【送料無料】 人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く / 海老原.

株式会社白桃書房のプレスリリース(年11月20日 15時)。白桃書房が年10月に刊行した『人事の成り立ち』は、日本の人事部「HRアワード. 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤. 「人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く/海老原嗣生/荻野進介.

名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 2,500円 Amazon. (19) 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち (著者:海老原 嗣生、荻野進介/出版社:白桃書房) 年に発行された『日本人はどのように仕事をしてきたか』(中公新書ラクレ)を大幅増補改訂した本書。. hr関連書籍のご紹介 05.

/ 白桃書房 / 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち - 海老原嗣生 海老原嗣生+荻野進介 内容紹介:先日、関連法案が国会で承認された「働き方改革」。いろいろ議論はあるが、労働法制や雇用慣行をめぐり何らかの改革が必要なのは間違いないだろう。 その改革にあたり、新卒一括採用や年功序列に基づく賃金体系が合理的でない. 優秀賞:名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち(著者:海老原 嗣生、荻野進介/出版社:白桃書房) プロフェッショナル部門 人材採用・雇用部門 最優秀賞:ミイダス株式会社 人材採用・雇用部門 優秀賞:株式会社トランス. 先日、関連法案が国会で承認された「働き方改革」。いろいろ議論はあるが、労働法制や雇用慣行をめぐり何らかの改革が必要なのは間違いないだろう。 その改革にあたり、新卒一括採用や年功序列に基づく賃金体系が合理的でない、あるいは欧米と比較し労働時間が長すぎるなどとして批判されることが多い。しかし、このような批判は「50年1日」と本書で著者は指摘する。このように長く続く日本型雇用には、欧米型と比較し欠点もある一方、「誰もが階段を上がる」、すなわち誰にも昇進の可能性が開かれていることによるメリットが労使双方にあるために改革が難しい。これが十分に理解されず、同じような議論が繰り返され続けてきた。 本書は、人事ジャーナリストとして最も著名と言ってよい海老原嗣生氏とそのパートナーの荻野進介氏が、良い面しか言及されないことが多い欧米型雇用の実態を示しつつ、日本型雇用をその成立過程から紐解き、この人事制度の強みはどこにあるのか、またバブルとその崩壊、グローバル化・少子高齢化などの経済・社会の激変の中で、どのような問題をはらむようになってきたのかを語る。 本書が特にユニークなのは、日本型雇用のさまざまな側面をテーマにする延べ17冊──歴史的名著から今日的な話題であるブラック企業や女性のキャリアの問題を扱った本まで──を、原著者への手紙形式で書評しながら論じ、さらにその手紙を読んだ著者たちの返信も掲載し、多様な見方を提示している点である。このような往復書簡という形式を取ることで、高度なテーマを扱っているパートでも、大変読みやすく、理解しやすい編集となっており、また、原著者らの日本の人事や社会への思いも伝わってくる。 年に発行された『日本人はどのように仕事をしてきたか』(中公新書ラクレ)を大幅増補改訂し、新たに4冊を取り上げた本書。海老原・荻野両氏の人事ジャーナリストとしての仕事の集大成であり、今、メディア等で頻繁に取り上げられるテーマも踏まえ日本型雇用のありようを理解し、変革への手がかりをつかむのに最適。 序章 日本型雇用のほんとうの特質とは何か? 第1章 【黎明期】戦争と復興動乱が生んだ奇跡 第2章 【完成期】欧米信奉の呪縛からの解放 コラム "50年1日"の「日本型批判」 第3章 【順風期】安定成長が生んだ万能感 コラム 欧米がみたニッポン 第4章 【動揺期】ほころびと弥縫. 近著の『名著17冊の著者と往復書簡で読み解く 人事の成り立ち 「誰もが階段を上る社会」の希望と葛藤』(海老原嗣生・荻野進介著、白桃書房) 搾取と答えた人43. 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 海老原 嗣生 0. 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 / 海老原 嗣生・荻野 進介 (04/20) + RECENT COMMENTS 「これがサンガなんだなと目の当たりにし、たくさんの人たちがクラブから離れていったんだろうと想像でき. 00 (0件) 商品詳細. 職務主義とは、給料は仕事が決めるという考え方です。 2.

白桃書房. 本書が特にユニークなのは、日本型雇用のさまざまな側面をテーマにする延べ17冊──歴史的名著から今日的な話題であるブラック企業や女性のキャリアの問題を扱った本まで──を、原著者への手紙形式で書評しながら論じ、さらにその手紙を読んだ著者. 【tsutaya オンラインショッピング】名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち/海老原嗣生 tポイントが使える. 本書を通読する最大の収穫は、 世の中の偏見に満ちた「日本型雇用や働き方」に対する先入観を洗い流すことができる点に尽きます。 根拠薄弱や耳障りのいいプロパガンダがいかに意図的であり誘導的であるかが自ずからわかるでしょう。 1. 0720ioriさんの海老原嗣生『名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の. 年秋に出版された本書は、 人事マンとしては読むべき本のひとつであると言い切れます。 あらためて大変勉強になりました。 人事業務関係者でなくても、 自分の働き方や仕事について真面目に正面から考えたいと決意したあなたにとって避けては通れない一冊です。 著者の海老原嗣生氏は言います。 現在の日本型雇用の本質について、歴史的経緯を踏まえ過去から現在へと丁寧な説明がなされます。 ユニークなのは、その時代ごとの社会観や労働の変化を端的に表している17冊(海老原氏の著作を含む)の著者と本書を執筆した二人の往復書簡という構成をとっている点にあります。 それゆえに、著者自身の生の声を聞くことができるとともに、 時を経たからこその自著を振り返る客観性なども垣間見れて、非常に興味深い仕上がりとなっております。. 能力主義とは、給料は人の能力が決めるという考え方です。 著者の海老原氏は次のような「たとえ話」を駆使し、2つの考え方の違いを鮮明にします。 外国語教室にて ・英語しか話せないアメリカ人講師のジョンさん ・英語とドイツ語が話せるアメリカ人のポールさん 受け持ちはいずれも英会話の授業です。 ふたりとも同じ英会話の授業を担当しますので、時給は同じです。 働く本人の教養や能力に差があったとしても、同じ仕事をしている限り、給料は変わりません。 このような考え方が「職務主義」となります。 一方、日本ならどうでしょうか? ポールさんはジョンさんよりドイツ語が話せる分、能力が高いです。 従って、ポールさんの方が時給が高くて当然だな。 これが日本人の標準的な考え方です。 給料は人の能力が決めるという「能力主義」の考え方がこれにあたります。 別のところでは、次のような記述がみられます。 このような基本認識を抜きに残業問題は議論されるべきではないのですが、 あなたの会社ではどうでしょうか。. Amazonで海老原 嗣生, 荻野 進介の名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤。アマゾンならポイント還元本が多数。海老原 嗣生, 荻野 進介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

See full list on thinking-puddle. 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち - 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 - 海老原 嗣生 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 海老原嗣生, 荻野進介著. 白桃書房,. あなた自身のこれからの働き方の未来を考えるために、 過去に学ぶことはとても大切なことだと思います。. 「名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。. 海老原 嗣生,荻野 進介『名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約11件 の感想・レビューで本の評判を. 人事の成り立ち : 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く : 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤.

というわけで、昨日のどんちゃん騒ぎこらこらこらHRmicsなんとか満10歳!みなさまに恩返しDayのプレゼントとしていただいた海老原嗣生・荻野進介『名著17冊の著者と往復書簡で読み解く 人事の成り立ち 「誰もが階段を上る社会」の希望と葛藤』(白桃書房)のご紹介です。 著者名:海老原嗣生、荻野進介 発行年月:年10月 キーワード:メイチョ ジュウナナサツ ノ チョシャ トノ オウフク ショカン デ ヨミトク ジンジ ノ ナリタチ*メイチョ 17サツ ノ チョシャ トノ オウフク ショカン デ ヨミトク ジンジ ノ ナリタチ、エビ. 【ゆうメール利用不可】。人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く本/雑誌 / 海老原嗣生/著 荻野進介/著. 日本人はどのように仕事をしてきたか : 名著で読み解く.

名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 ISBN:海老原 嗣生. 白桃書房 (年10月31日発売) 4. | 名著17冊の著者と往復書簡で読み解く人事の成り立ち 「誰もが階段を上る社会」の希望と葛藤 | 海老原嗣生 | JP Edition | Books || HMV&BOOKS online : Online Shopping & Information Site Multiple.

Ponta Point available! 往復書簡を取り交わす専門家たちは以下のとおりです(敬称略)。 ・ジェームス・アベグレン ・山田雄一 ・楠田 丘 ・小池和男 ・伊丹敬之 ・大沢武志 ・野中郁次郎 ・島田晴雄 ・高橋俊介 ・太田隆次 ・清家篤 ・八代充史 ・八代尚宏 ・濱口桂一郎 ・今野晴貴 ・中野円佳 ・海老原嗣生 強力すぎるラインナップです。. 海老原嗣生[エビハラツグオ] 雇用ジャーナリスト、経済産業研究所コア研究員、人材・経営誌『HRmics』編集長、ニッチモ代表取締役、リクルートキャリア社フェロー(特別研究員)。1964年、東京生まれ、大手メーカーを経て、リクルート人材センター(リクルートエージェント→リクルートキャリアに社名変更)入社。新規事業の企画・推進、人事制度設計などに携わる。その後、リクルートワークス研究所にて『Works』編集長に。2008年、人事コンサルティング会社「ニッチモ」を立ち上げる。『エンゼルバンク―ドラゴン桜外伝』(「モーニング」連載)の主人公、海老沢康生のモデル 荻野進介[オギノシンスケ] 1966年、埼玉県生まれ、89年一橋大学法学部を卒業し、PR会社に入社。2001年リクルートに移り、リクルートワークス研究所にて人事専門誌『Works』編集に携わる。その後、ニッチモに所属しながら、フリーの文筆家・編集者として活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。. 新卒はだれもが幹部候補 誰にでもキャリア形成が許されるという全員エリート型社会は終わりの時を告げようとしています。 「階段」は限られた人しか登れないどころか、「階段自体」が消滅しようとしてしています。 生き残るために、ぜひ本書を手にとって、自らのキャリアをその手でデザインしてください。. 人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く - 海老原嗣生のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップ. 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち─「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 isbn・判型・ページ数・価格 isbn四六判ハードカバー・360頁 定価(本体2315円+税) 著者 海老原 嗣生(えびはら つぐお). See full list on kinokuniya.

本書には、他国の事例に基づく議論も少なからずあるために、日本の現状をより多角的に検討できます。 次のようなエピソードに触れ、あらためて考えさせられました。 以下に要約します。 フランスの年間総労働時間は1,500時間足らずです。 残業は一切なく、有給も協定で決められた40日を完全消化します。 夏休みは3週間。 あなたの第一声も「羨ましい」でしょうか。 フランス人に生まれたかった? 続きがあります。 彼(彼女)らは、ほとんど昇給も昇進もしない生活です。 大学を出ていない人の場合、彼らの年収は50歳で勤務している正社員であっても、 350万円に満たないサラリー水準のようです。 大卒の場合は「中間的職務」というカテゴリーに就けます。 それでも、50歳勤務者で年収は500万円に届きません。 彼(彼女)らの最高職位は、アシスタントマネージャーレベルです。 日本なら、係長というところです。 フランスでは、労働者の実に85%がこのいずれかのカテゴリーに属しています。 キャリア形成や「やりがい」とは無縁の職業人生です。 しかしながら、 ワーク・ライフ・バランスは超絶に充実しています。 どちらが先とはいえませんが、 わたしには、 ワークで充実感を得る道が閉ざされているのだから、 そりゃ、ライフに賭けるしかないわなと思うんですが、 あなたはどう思われますか?. 人事の成り立ち : 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く : 誰もが階段を上れる社会の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く人事の成り立ち : 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤: 資料形態(詳細): Text: 主題: 人事管理--歴史--1945-ISBN:. なぜ私たちの働き方は変わらないのか?見過ごされてきた日本型の長所、欧米型の欠点と. 海老原嗣生、荻野進介『名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち』 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤. 著者 海老原 嗣生 (著), 荻野 進介 (著). 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち: 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 海老原 嗣生、 荻野 進介 | /10/31 5つ星のうち4.

人事の成り立ち 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く - 海老原嗣生/著 荻野進介/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!. 序章 日本型雇用の本質とは何か? 第1章 黎明期 戦争と復興動乱が生んだ奇跡 第2章 完成期 欧米信奉の呪縛からの解放 第3章 順風期 安定成長が生んだ万能感 第4章 動揺期 ほころびと弥縫策 第5章 転換期 純化=切り捨てと、そのしっぺ返し 第6章 不整合期 内部崩壊と新生の手掛かり. 関心が少しでもあるのならば、手にとって自分の頭で考えるためのヒントにすべき名著ばかりです。 人事に長年携わっていますが、正直、未読のものもちらほらあって、恥ずかしい限りです。 楠田丘先生はこちらのほうが求めやすいかもしれませんね。 数年前に講演を聞きに行きましたが、いつまでもお元気ですね。 ・オーラルヒストリーは分厚いのですが、面白そうなので買いました。 ・濱口先生のは定番中の定番です。. 人事の成り立ち 名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 「誰もが階段を上れる社会」の希望と葛藤.

名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち - 海老原嗣生

email: [email protected] - phone:(710) 741-1121 x 9027

その赤色は少女の瞳 - 大槻香奈 - 榊原晃三 冒険者たちの世界史

-> 強度設計データブック - 強度設計デ-タブック編集委員会
-> チョウのはなし - ダイアナ アストン

名著17冊の著者との往復書簡で読み解く 人事の成り立ち - 海老原嗣生 - 仮面ライダーキバ 映画超百科 大島康嗣


Sitemap 2

神父さんが描いた“読むマンガ” 笑いの奥に真理が宿る - イシドロ・リバス - Living 南川三治郎